乾燥は美肌の大敵?効果的なお肌の保湿方法とは

ビューティ

冬などの乾燥する季節は、特に肌のお手入れに気をつかうという方は多いでしょう。乾燥はシワの原因になるだけでなく、肌表面の潤いがなくなることで、見た目年齢が実年齢以上に老け込んで見えることも。乾燥は肌の老化と深い関わりがあると言っても過言ではありません。そんな美肌に大敵の乾燥、どのように防げば良いのでしょうか。ここでは、乾燥時期におすすめの肌の保湿方法について紹介します。

乾燥は美肌の大敵!

乾燥は皮膚表面の水分が失われることで起こります。特に、肌表面に触れると「カサついているな」と感じることが多いのが、空気が最も乾燥している冬場です。たかが乾燥、と思われるかもしれませんが、乾燥は肌トラブルの原因を生み出す大きな存在とも言えます。乾燥した肌は潤いがないため敏感になりやすく、そのまま放置しているとシワやたるみ、くすみなどの原因となってしまう場合もあるのです。乾燥が進むことで、将来の肌老化も進んでしまう結果にもなりかねません。

また、年齢を重ねるにつれて肌の状態も変化します。20代から徐々にコラーゲンや皮脂の量が減っていくため、ハリや弾力がなくなっていったり潤いが不足したりと、肌質の変化に伴い、乾燥から肌を守るバリア機能も薄れてきます。このように、乾燥は現在の美肌に影響を及ぼすだけでなく、将来の肌へも影響を及ぼすのです。そのため、自分の肌質や年齢に応じたスキンケアを行い、お手入れアイテムを見直す必要があるでしょう。冬場の乾燥は避けられませんが、スキンケアを十分に行うことで乾燥を防ぐことが可能です。

乾燥対策は保湿が重要

乾燥対策は、乾燥を未然に防ぐことが重要です。特に、目の周りや口周りなど、乾燥しやすくシワやたるみになりやすい皮膚が薄く良く動かす部分は注意してケアする必要があるでしょう。とりわけ30代以降になると目元口元などをはじめ、気になる部分が目立ってくるのではないでしょうか。シワになりやすい目元はアイクリーム、ほうれい線にはエイジングクリームなど、気になる部分に応じてお手入れするアイテムを変えてみるのも良いでしょう。

日々の肌のお手入れでは化粧水や美容液などで水分補給をし、保湿クリームや乳液で油分を補っている方が多いでしょう。美肌には水分と油分のバランスが大切です。水分ばかりを入れても、油分でしっかりとフタをしなければせっかく潤った肌から水分が逃げてしまい、結局は乾燥してしまうという結果になりかねません。油分はベタベタしてあまり付けたくない、という方は、乳液タイプの保湿クリームを選ぶと良いでしょう。乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いが挙げられます。乳液の方が水分の量が多いのが特徴です。乾燥が気になる場合はクリームタイプの使用が適していますが、それほど乾燥が気にならないという方は乳液タイプから始めてみても良いでしょう。

では、乾燥を防ぐ保湿の仕方を紹介しましょう。まず、お風呂上がりや洗顔後の保湿では、肌に残った水分を丁寧に拭き取ります。この際、決してこすらず、タオルを肌にのせ、軽く押すようにして拭き取りましょう。水分を拭き取ることで、皮膚の表面にある水分が蒸発する際、皮膚の角質層に含まれた水分も同時に蒸発するのを防げ、必要以上の乾燥を防げます。また、保湿クリームを使用する場合は、両手に取って手全体にクリームを伸ばしてから優しく肌にのせましょう。この際、肌をこすったり叩いたりすると表面に小さな傷ができてしまうため、ゆっくりと手のひら全体で優しく包むようにハンドプレスするのがポイントです。

自分の肌にとってどれくらいのクリームの量が適量なのかを知ることも、乾燥予防には重要でしょう。つい保湿クリームを塗った直後の肌がベタついているかどうかで判断してしまいがちですが、翌朝目覚めた際に肌が潤っているかで判断することが大切です。もし翌朝肌がベタついているのであれば量が多すぎると判断して良いでしょう。反対に肌が乾いているようであれば量を増やします。

スキンケアだけが美肌を作るのではない

これまで美肌のために乾燥を予防するスキンケアについて紹介してきました。しかし、スキンケアだけが美肌を作るわけではありません。肌を含め、健康な体には栄養バランスのとれた食事や適度な運動、十分な睡眠が重要です。栄養が足りないと、肌のハリも失われてしまいます。美肌に欠かせない栄養素としては、ビタミンA、C、Eが有名です。日々の食事の中で積極的に取り入れたいですね。

また、油も美肌には欠かせない栄養素として知られています。油、と聞くとどうしても太ることをイメージしてしまいがちですが、極端に油を摂取しなかった場合、便秘がちになり代謝も低下します。さらには肌にも必要な油分が行き渡らず、シワやたるみの原因ともなるなど、体に悪影響をもたらしかねません。オリーブオイルやココナッツオイルなど、良質な油分は内側から摂取することで肌にもハリと潤いを与えてくれる効果が期待できます。こうした良質な油分を食事からも積極的に摂取し、健康な肌を維持しましょう。

乾燥する季節は保湿を十分に!

保湿を徹底して行うことで、肌の乾燥は予防できます。ただし、肌の乾燥対策は肌表面の保湿だけでは不十分と言えるでしょう。栄養バランスや運動など、体全体の調子を整えることも美肌にとっては重要です。日常生活を送る中で体を労りながら、美肌のためにできることから始めていってはいかがでしょうか。日々の積み重ねが美肌を育てていくのです。

コメント